忍者ブログ

ファイナンシャルプランナー(FP)のこと、行政書士試験のこと、社労士試験のこと

プロフィール
HN:
森野福朗 もりのふくろう (森野福郎)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
・首都圏の某政令市に住んでいます
・2級ファイナンシャル・プランニング
技能士
・行政書士試験(2011年度)に合格しました
・社会保険労務士試験(第46回2014年)に合格しました
ほかのかたのブログは
こちらから↓どうぞ
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
よろしければ、↑「投票」して やってください。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  私、森野のブログ。どんな人が見ているのか
なと、アクセス解析してみました。すると、行政
書士試験関係の検索フレーズに混じって、

ecc fp 提案書
提案書 ECC モデルプラン
ecc 提案書課題 データ

という、フレーズで検索して来られる方が結構
多いのです。
(3つめの ecc 提案書課題 データ という検索フ
レーズはある意味直球です)

  AFP認定研修修了を、2級FPの受検資格とし
て試験を受ける人がそれだけ苦労している、と
いうことなんですよね。

  そこで、皆さんのご参考になればと思い、私、
森野が提出した「提案書課題」のPDF版を載せ
てみます。ダウンロードはこちら

  ただし以前の記事にも書きましたが、2010年
8月に提出したものですから、法令その他の改
正でそのままでは使えない部分が多いと思い
ます。その点はご注意下さい。

PR

  私、森野の提案書と
ECCビジネススクールの「提案書課題に基づくモデルプラン」との違いは、
  1.新たな医療保険への加入はしない
  2.住宅ローンの繰り上げ返済を現時点で行う
の2点です。

   この2つの違いが、将来の収支予想(キャッシュプロー)の上で
どのような差になるのでしょうか?(他の条件は同じです)

    10年後の貯蓄残高では約210万円、
    20年後の貯蓄残高では約270万円、
    30年後の貯蓄残高では約441万円

の差となりました。

   退職後、収入が公的年金と私的年金だけの場合には貯蓄を取り崩す
生活になることがあり得ます。

   貯蓄残高を赤字にしないためには、
     1.退職前にどれだけ貯蓄できるのか?
      (住宅ローンの繰り上げ返済)
     2.退職後の支出のどこをどれだけ減らしていくのか?
      (新たな医療保険への加入はしない)
を意識することが大切ですよね。

  2012/3/30 追記
  私、森野が提出した「提案書課題」のPDF版はこちら。
  ダウンロードはこちら

  昨日の続きです。

  私、森野の提案書と
ECCビジネススクールの「提案書課題に基づくモデルプラン」との違いは、
  1.新たな医療保険への加入はしない
  2.住宅ローンの繰り上げ返済を現時点で行う
の2点です。

  2.住宅ローンの繰り上げ返済を現時点で行うよう提案しました

      提案書課題では、
        現在返済中の住宅ローン(固定金利3.5%)
        相談者の年齢55歳、完済時の年齢65歳
      ローン残高1,000万円、年間返済額 ¥1,110,000-
        総返済額約1,222万円
        預貯金等金融資産残高 ¥8,000,000
      という条件が与えられています。

      そこで、
   ①相談者60歳の退職時に、残額を繰上返済すること。(モデルプランはこちら)
       (退職金を活用するってことです)
   ②現時点で借入残高の一部、500万円を繰上返済すること。
       (金融資産の残り 300万円は何かのときに使えるよう残しておきます)
      の二点を比較検討しました。

      その結果、現時点で500万円を繰上返済し返済期間を5年に
   短縮すると、何もせず65歳まで返済し続けた場合と比べて

        毎年の返済金額¥3,513-、利息 ¥1,683,085-、
        総返済額 ¥1,683,085- が軽減されることがわかりました。

       モデルプランの「60歳の退職時に、残額を繰上返済」でも、
    利息 ¥459,653-が軽減されるのですが・・・。

       168万円の節約(現時点での繰り上げ返済)と46万円の節約
    (60歳時の繰り上げ返済)、どっちを選ぶって言われたらそりゃ、
    現時点での繰り上げ返済がいいですよね。

  2012/3/30 追記
  私、森野が提出した「提案書課題」のPDF版はこちら。
  ダウンロードはこちら

  昨日の続きです。

  私、森野の提案書と
ECCビジネススクールの「提案書課題に基づくモデルプラン」との違いは、
  1.新たな医療保険への加入はしない
  2.住宅ローンの繰り上げ返済を現時点で行う
の2点です。

  1.新たな医療保険への加入はしないよう提案しました

      長期入院等で病院等に支払う医療費が高額になった場合でも
   公的医療保険より高額療養費が給付されることから、医療保険へ
   の加入の必要はないと考えました。
      この制度により医療費の自己負担額限度額は、
   一般の所得の人(70歳未満)では、
       80,100円+(医療費-267,000円)×1%
   となります。(例外があります。)

     医療保険ってやたらといろいろなところで宣伝しているけど、
  本当にその人のニーズにあってるのかな?と、思います。

  2012/3/30 追記
  私、森野が提出した「提案書課題」のPDF版はこちら。
  ダウンロードはこちら

  昨日の続きです。

  ECCビジネススクールから届いた「提案書」という教材冊子には、
「提案書課題に基づくモデルプラン」が載っています。

  つまり、模範解答が載っている訳です。これを参考にしながら提案書を
作成していきます。もちろん、「私だったら、こう提案する」と思う部分が
あればモデルプランと異なることも、もちろんありです。

  特に、住宅ローンをどうするか(繰り上げ返済・借り換え)や、保険の
見直し方法、老後資金の準備方法など、いろいろな考え方や方法が
ありますから、答え(提案)は当然一つにはなりません。

しかし参考にするとはいえ、提案書は40ページ近くにもなりますから
作成するのに時間も手間もかかります。 私、森野の場合は作り始めが
7月26日、完成が8月19日でした。都合25日間を費やしたことになります。

  2012/3/30 追記
  私、森野が提出した「提案書課題」のPDF版はこちら。
  ダウンロードはこちら