忍者ブログ

ファイナンシャルプランナー(FP)のこと、行政書士試験のこと、社労士試験のこと

プロフィール
HN:
森野福朗 もりのふくろう (森野福郎)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
・首都圏の某政令市に住んでいます
・2級ファイナンシャル・プランニング
技能士
・行政書士試験(2011年度)に合格しました
・社会保険労務士試験(第46回2014年)に合格しました
ほかのかたのブログは
こちらから↓どうぞ
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
よろしければ、↑「投票」して やってください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

AFP認定研修についてざっくり

  AFP認定研修とは、「日本FP協会」が定めた一定の課目・単位を、
「日本FP協会」が認定した資格学校や通信教育で学習します。
  たいていの場合は、これが2級FP検定試験の対策講座でもあるわけです。
  (受講の際は、必ず確認してください。)

  そして、最後に提案書を作って資格学校や通信教育先に提出します。
  この提案書が一定水準(60点)以上だと研修が修了します。

  AFP認定研修には期限があって、
通信教育の場合は3ヶ月以上1年以内、
資格学校の場合は1ヶ月以上1年以内です。

  例えば、9月10日に通信教育で受講を始めた場合、
「AFP認定研修修了証明書」は12月10日以降になるわけです。
(どんなに早く提案書を提出してもです。)

   だから、「AFP認定研修の修了」を
2級FP技能検定の受検資格にする場合には、
早めに受講を始めなくてはいけません。
  なぜなら「AFP認定研修修了証明書」の修了日が、
受験申請受付最終日より前の日付でないとダメだからです。

  資格学校や通信教育での「標準学習期間」は、
おおよそ4~6ヶ月になっているようです。
  資格学校や通信教育で、2級FPの勉強をしようと考えている人は、
早めに申込をして学習を始めたほうがいいでしょう。

 逆に、受講を始めてから1年以内に
提案書を提出できないとアウトです。
気をつけましょう。

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL