忍者ブログ

ファイナンシャルプランナー(FP)のこと、行政書士試験のこと、社労士試験のこと

プロフィール
HN:
森野福朗 もりのふくろう (森野福郎)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
・首都圏の某政令市に住んでいます
・2級ファイナンシャル・プランニング
技能士
・行政書士試験(2011年度)に合格しました
・社会保険労務士試験(第46回2014年)に合格しました
ほかのかたのブログは
こちらから↓どうぞ
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
よろしければ、↑「投票」して やってください。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行政書士試験の受験勉強 その13

  2012/2/283/1の記事の続きです。

  記述式の難しさは、出題の内容はさておき、短い時間で
答えをまとめる力、つまり余計なことは書かないで、必要
なことだけを、落とさず確実に書くことができること、が求
められているところだと思います。

  そのためには、記述式の「フォーマット」を覚える必要が
あるのですが、私、森野は記述式の予想問題集に、1日
16問を目標として取り組みました。

  1回目は、「わかっているのだけれど、どう書いたらいい
のかわからない。」「うまく40字程度にまとめられない。」
「うわっ、これ覚えてなかった。」という問題が数多くありま
した。

  しかし、何回か繰り返して予想問題集に取り組んでいる
と、「あっ、これはこうまとめれば、いいんだ。」という、記述
のパターンがいくつか見えてくるようになりました。
(3、4回目くらいからだったでしょうか・・・。)

  10月に入ってから、予想模試に何回か取り組みましたが
「あっ、あれのことだ」とわかった 記述式の問題は、手早く
答えを40字程度にまとめられるようになっていました。

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字